下津井わかめとは?

瀬戸内の豊かな海で育ち、心を込めて一枚一枚を天日干しにしたこだわりの天然わかめについて紹介します。
 

下津井わかめが美味しい理由

瀬戸内海は、東を播磨灘、西を燧灘に挟まれたです。は、浅いです。それに対しては深いです。
 
また、南北も海峡と言っていいほど幅が狭いです。当然、潮の満ち引きでは、下津井沖の流れは、速く、たこは筋肉質のマッチョだこ、わかめは、急な流れにもまれて肉厚になる間もなく育つ柔らかく薄い良質なわかめに育つというわけです。 

下津井わかめと鳴門わかめの違い

どちらも塩の流れの速いところで採れるのですが、大きな違いは、鳴門わかめが灰にまぶして干すのに対して、下津井わかめは加工しないで海から上げてそのまま干します。つまり海水のミネラルを十分に吸い込んだ素干しわかめなのです。
 
 

食材としてのわかめの素晴らしさ

近年、わかめの栄養成分に関する研究が進みその驚くべきパワーが少しずつ明らかにされてきています。特に高血圧を下げたり、血液をサラサラにする効果があるといわれているアルギン酸(ぬめりの成分)等の食物繊維や、ガン細胞をやっつけるフコイダンやヨード、体の調子を整えるミネラル、ビタミンなど体に良い成分が豊富に含まれています。
<東海わかめ協会資料より>
 

特に素干しわかめ(海から上げてそのまま天日干しにしたもの)は、カットわかめ、湯通しわかめ、灰干しわかめ等加工したわかめに比べ、カリウム、マグネシウム等のミネラルやビタミンB群、ビタミンC、食物繊維等の量が圧倒的に多く含まれているのです。ただ、乾燥わかめは、調理しにくい、味噌汁、酢の物くらいしかレパートリーがない…というイメージがあり、地産地消が叫ばれる中、地元の方もあまり知られてないのが現状です。
 

料理好きな私としては、乾燥わかめや茎わかめ等を使った調理法をいろいろ工夫し皆さんに発信していければと思っています。「美味しく食べて健康作り」のお手伝いができればこれほどうれしいことはありません。

 

下津井わかめの特性と保存方法

下津井わかめは柔らかくて美味しいのですが、湿気に弱く、また日光に当たると色が変わりやすいという性質を持っています。 保存はナイロン袋に密閉して、暗所に保存してください。
 
冷蔵庫で保存すれば、一年中、味・香りをあまり損なわず食べることができます。下津井では、梅雨時までに食べるのが、理想的と言われています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい