こころ構え

売ってよし、買ってよし、世間よし

商い上手の近江商人はこの「三方よし」を信条としていると聞いたことがあります。買ってよかった、売ってよかった、をくりかえすことで、社会もよくなるという意味と解釈しています。私が、週一回参加している倉敷路地市庭(いちば)でも、「自分だけが利を得るのでなく、みんなが良くならないと町は良くならない」と先輩の方々に教えてもらいました。私にとって「三方よし」は、生産者よし、お客様よし、環境よし、です。これを目標にお三方とのよき関係を築いていきたいと思っています。
 

積善の家に余慶あり

結婚式でこのことばを聞いて心に響きました。善い行いをこつこつこつこつ積みあげていけば、きまって後によい事が起こる。目先の利にとらわれず、今を大切にして、自分が善いと思ったことを積み上げていけるお店にしたいし、そういう人間になりたいと思っています。
 

感謝の気持ちを忘れずに

私は、自他共に認める見栄っ張りでええかっこしいの人間です。教員時代は、皆さんに迷惑をかけながら暴れん坊先生でやってきました。おかげさまで、たくましい子供たち、優しい子供たちをたくさん世に出すことができました。皆さんありがとう!これからも、お客様、生産者の方々、海の恵みに感謝しながら、またわかめが売れない時代にも辛抱して下津井わかめを売り続けた母に感謝しながら、一人ひとりのお客様と対話するつもりで下津井わかめを世に出していきたいと思っています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい